FC2ブログ

ドラマ出演者情報

ドラマ出演者情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<クローズZERO>男たちの夢が一つに 27日から公開

魔法遊戯 飛び出す!!ハナマル大冒険(4)
 累計発行部数3200万部という大ヒット<IPC-KEYTEMP-2>「クローズ」(高橋ヒロシ、秋田書店)が映画「クローズZERO」(10月27日から全国東宝系で公開)になって、今度はスクリーンに登場する。主演に小栗旬さん、山田孝之さんら若手実力派俳優を配し、“日本で一番忙しい映画監督”こと三池崇史さんがメガホンを取る。イケメン俳優たちが文字通り身体を張ってぶつかり合う作品の魅力に迫った。

【写真特集】 クローズZERO:小栗旬らがリムジンで登場 “ブラックカー<IPC-KEYTEMP-1>”でトークショー

■魅力的な“ワル”たち

 「クローズ」は91年~99年、「月刊少年チャンピオン」で連載された。現在は続編の「WORST」が連載中だ。物語は、主人公・坊屋春道が県内随一の不良高校と呼ばれる鈴蘭高校に転入してくるところから始まる。鈴蘭高には、腕にだけは自信があり、三度の飯よりケンガが好きという多くの個性あふれる猛者(もさ)が集まり、常に抗争を繰り返していたが、頂点に立ったものはいないとされていた。そんな鈴蘭高にやってきた春道は、転入早々に校内最大派閥の板東一派を壊滅させる。裏切りや策略を嫌い、一匹狼を貫き通す春道の人柄にほれ込んだ仲間も加わり、誰もがなしえなかった「鈴蘭制覇」への道を歩み始める。

 心意気と腕っ節だけでのし上がっていくという単純明快なストーリーと、不良ではあるが、どことなく憎めない春道ら登場人物たちのキャラクターの魅力が人気を集め、70年代の「男一匹ガキ大将」(本宮ひろ志)や80年代の「ビー・バップ・ハイ<IPC-KEYTEMP-3>」(きうちかずひろ)に続く、90年代を代表する“ワルもの”の<IPC-KEYTEMP-2>となった...

<IPC-KEYTEMP-0>

(引用 yahooニュース)



◆出演関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
◆出演関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません

◆出演関連の無料のレポート情報
スポンサーサイト

« 【リリース・サービス業】ウェザーニューズ、韓国・台湾でネット向け動画天気番組を提供|Top|<プレスリリース>フィールズ、パチンコ機「CRA フィリックス・ザ・キャット」 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drama9.blog109.fc2.com/tb.php/474-1190c2b3

Top

HOME

kikibubu

Author:kikibubu
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。